0%
Preloader image

すてねこ

春日井市立篠木小学校 4年
藤田 宇留香
比喩的ひゆてき表現ひょうげんかくされたものがふかそうで、印象いんしょうのこりました。ねこをおかあさんとおもってしまうユリさんの心こころなかや、「おおきなくろふくおとこ」が意味いみするものを、もうすこ読者どくしゃにもわかりやすく説明せつめいできると、さらに作品さくひんになったとおもいます。
 ユリは、今、学校の帰りの最中です。すると「ニャー、ニャー。」と鳴き声が二回聞こえました。声の聞こえる公園の方へ行くと、すてネコがいたのです。ユリは、なぜかそのネコを家族と感じたのです。ユリのお母さんは一年ぐらい前に大きな背の黒い服の男に連れ去られてしまって、その後も行方不明なのです。ユリは、後ろ姿を見たのですが、固まって追いかけられませんでした。今は、お父さんと二人で暮らしています。「よし、このネコを飼おう!」と思い持ち帰ったのですが、お父さんに断られてしまいました。マンションだからです。でも、ユリはなぜかこのネコを手放すことができなかったのです。だから、ユリはそのネコをこっそり飼い始めたのです。「名前をつけよう!」と思いました。一つとても似合う名前がありました。それはさくら。意味は少しピンクでさくらのように美しく、とてもきれいだからです。さくらは、お母さんの名前なのです。「なんでだろう?なんでこのネコをお母さんだと思ってしまうのだろう。」
 こうして、ユリとさくらは、いっしょにこっそり育っていきます。そして、一年たっ
て、ユリはもう三年生。勉強も難しくなってきています。
「早く帰って、さくらに会いに行こっと。」
 ユリは急いで帰りました。ユリは、大声で「ただいま!」と言いました。さくらは、まるでおかえりというように首を上に向けてうれしそうに、「ニャオウ~」と鳴きました。「あれっ、お父さんは?あ、そっか、今日は仕事遅い日だった。あ~あ~つまんないの。」
 さくらは二人きりになったところで「こっちよ。」というように家を飛び出しました。ユリもすぐ、あとを追いかけました。
 細い道を通って、暗いトンネルを通ると、きれいな森が現れました。ユリは何か気配を感じて「だれかいる?」と思わずさけびました。背が高く黒い服を着て現れたのは、お母さんをさらった男でした。ユリは少しも声が出せないほど、苦しくなりました。そして記憶がどんどん過去にさかのぼっていくのです。ユリは怒ってもいました。さくらが悲しい声で叫んだとたん、ユリの体は、自然と宙に浮き、何かをつかみました。「えーっ、宝石?」するとさくらはジャンプしてその宝石をくわえました。するとどうでしょう?まぶしい光りが四方八方、その宝石から飛び出しました。「え?まぶしくて何も見えない!」とユリは叫びました。さくらの体がどんどん変わっていきました。光りが止むと、「あっ、お母さんだ。」ユリはそう叫びながら、泣きながら走って、お母さんにだきつきました。そのネコの正体は、お母さんだったのです。悪い人は、「くそっ!」と一言叫び、消えていきました。「お母さん、お父さんも待ってるよ。早く家に帰ろう!帰って、今日はパーティーだね。」
 こうしてまた、三人で幸せな暮らしが始まったのです。良かったね、ユリちゃん!
AllEscort
error: この作品は保護されています。