0%
Preloader image

ピーマンのにくづめ

名古屋市立大和小学校 1年
海付 果俐
ピーマンの感情かんじょうがとても丁寧ていねいかれていて、いつのにか自分じぶんがピーマンになったつもりでんでいました。 人間以外にんげんいがい視点してんかたられる物語ものがたりほかにもあったのですが、ただ‟べれるようになって美味おいしかったです”でわるのではなく、最後さいごしあわせそうな家族かぞく姿すがたおもかぶのがかったです。
 わたしは、ピーマンです。いつもやさいうりばにならんでいます。ちいさいこどもたちは、あまりわたしをすきじゃありません。
 きょう、なつこちゃんのおかあさんがわたしをかっていきました。わたしはかいものぶくろのなかで「なんのりょうりになるのかなあ。」と思いました。
 なつこちゃんのおかあさんは、いえにかえって、たまねぎをみじんぎりにして、ひきにくとこねて、ちょうみりょうをいれて、ピーマンをはんぶんにきって、たねをとって、そのなかにひきにくをつめました。わたしは、ピーマンのにくづめになりました。ピーマンのきらいな、なつこちゃんは、おかあさんに「これなぁに?」とききました。そしたら、おかあさんが「ピーマンのにくづめだよ。」といいました。なつこちゃんは、「えーピーマン?」とすこしいやなかおになりました。
 ゆうごはんのじかんになって、かぞくみんなで「いただきまぁす。」といって、なつこちゃんは、はじめてピーマンのにくづめをたべて「おいしい!」といってわたしをたべてくれました。わたしは、みんなにたべてもらえてうれしかったです。
error: この作品は保護されています。