0%
Preloader image

りゅうとユリの花

蒲郡市立蒲郡南部小学校 2年
小田 千咲葵
りゅうがそら努力どりょくしている情景じょうけいがきれいにかびます。いろいたようせいたちとユリのはなわせもたのしく、絵本えほんになったときのイメージをつことができました。ようせいたちがりゅうになにつたえたかったのかがかるようにけると、さらにいとおもいました。
 くもひとつ見えない空に一ぴきのりゅうがとんでいました。りゅうはくもを作るれんしゅうをしていました。なんどやってもくもはすぐにきえてしまいます。すると、下のほうから、
「だいじょうぶよ。」
と声がしました。
りゅうはだれだろうと思いました。
「わたしたちです。」
という声とともに三人のようせいたちがあらわれました。ようせいたちは、青色、ちゃ
色、黄色でした。ようせいたちはりゅうがくもを作れるように一りんのユリの花をりゅうにわたしました。
「このお花をだいじにすれば、きっとできるようになりますよ。」
ようせいたちはそういった後、さって行きました。
 りゅうは、ようせいたちが言っていたとおり、ユリの花をだいじにしました。そして、来る日も来る日もれんしゅうをかさねました。でも、できるようになりません。りゅうはそのユリの花に話しかけてみました。
「どうしてできるようにならないんだろう。」
するとユリが光り出しました。りゅうはびっくりしましたが、その光はがんばれと言っているように思えました。
 りゅうの心に火がつきました。りゅうは今ならできるかもと思いました。いつもはすぐにきえてしまうくもが、一分たってもきえなくてのれるような大きさになりました。りゅうはくもにのり、
「できたー!」
と大きな声でさけびました。すると、どこからか、
「やったね。」
とようせいたちの声が聞こえたような気がしました。
error: この作品は保護されています。